So-net無料ブログ作成

ハンブルグで見かけたあれこれ@ハンブルグボートショー [ボートショー]

ハンブルグには10月30日金曜日の夜遅く入りまして、31日、11月1日と開催最終2日間にボートショーを見て周りました。

本当は1日日曜日にイギリスに戻りたかったのですが、その日のフライトは130ユーロ(約18,000円)ととても高価でして、月曜日夕方発の運賃が40ユーロ(約5,500円)ということを考慮しますと、ホテル代(1泊30ユーロ)を払って滞在を一日伸ばしても十分おつりがくる計算になり、結果として月曜日丸一日を観光に充てることが出来ました。

ということで、今回は少し閑話をはさみハンブルグの街で見かけたちょっとしたものを紹介したいと思います。

日本庭園.jpg

写真を貼り間違えたわけではなく、ボートショー会場近くの公園にあった日本庭園。

紅葉がとてもきれいで、少し日本が恋しくなりました。

写真右上の木は、なんと「かえで」。日本のもののように繊細さは有りませんでしたが、燃えるような赤色がとても印象的でした。

もみじ.jpg

落ち葉によって柄が付いたのか、それとも塗装によるものか定かではありませんが、歩道にまでもみじが。。

アリスター湖.jpg

こちらは街の中心地そばにあるアリスター湖。対岸に中心街が見えます。

港1.jpg

港2.jpg

ハンブルグの港です。港と言いましてもハルベ川沿いにドックやら荷卸場が延々とつづいておりまして、この場所は遊覧船の乗り場。

モノレール.jpg

こちらもハルベ川沿いの風景。右側の高架は電車用。

train1.jpg

その車両。ハンブルグの街は鉄道、地下鉄がとても発達しておりまして、特に中心地付近は大阪の地下鉄のように短い距離で駅が点在しており、とても便利でした。

3日間有効のパスは15ユーロ60セント(約2100円)。

路線によって車両のタイプが異なるのですが、イギリスと同じでどの車両も停車時に扉は自動で開きません。

おもしろいのは、車両が完全に停止する前に扉のロックが外れるようで、ほとんどの利用者が完全に停止する前に扉を開いて、ホームに駆け出します。大阪の愛すべきせっかちな人々を思い起こしました。さすが産業国ドイツです。時は金なりですね。

ソーセージ.jpg

ドイツといえば、ソーセージです。こちらは、蒸し茹でにしたタイプ。この他にも、焼いたタイプもあります。

フォークナイフは使わずに、写真の中に写っていますストリップ状の白い厚紙で、ソーセージを掴んでマスタードをタップリ付けていただきます。また、ソーセージには、必ずパンが付いてきます。

倉庫街.jpg

ハンブルグの観光名所、倉庫街です。ハルベ川からアリスター湖まで数々の運河でつながっており、大阪の中ノ島周辺のイメージでした。

マリタイ美術館.jpg

倉庫街にある私立のMaritime Museum(海運博物館)。楽しみにしていたのですが、月曜日は休館日でした。このほかにも自動車のプロトタイプを展示している博物館など、ほとんどの観光スポットが休館日でした。残念。

中心街.jpg

そうこうしている間に飛行機の時間が迫ってきました。写真は夕暮れ時の中心街。

ぜひまた来てみたい街でした。観光は月曜日以外で。 

 

☆お知らせ☆ 

今月19日より日本に一時帰国します。

浜にて皆様にお会いできますことを楽しみにしております。

 

 

航祐


nice!(0)  コメント(1) 

nice! 0

コメント 1

履歴書の封筒

魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!
by 履歴書の封筒 (2014-08-25 09:47) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。